みゆの自堕落的毎日 - 2016

ちょっとだらしない私、みゆが毎日をまったりとつづります。




[PR]



2016年04月08日(Fri)▲ページの先頭へ
気になる肌のたるみを改善するには
肌の弾力を保てなくなるのは、コラーゲンやエラスチンが少なくなって、たるみが出てしまうためです。たるみのないお肌になるためには、紫外線の直射から肌を守ることです。エラスチンや、コラーゲンは、紫外線によって失われてしまう性質がありますので、肌が紫外線を回避させることは、非常に重要なことです。紫外線対策と言えば、日差しの強い暑い季節をイメージしますが、年間を通して外出をする際は、常に紫外線の対策をする必要があります。たるみのないお肌を維持するためには、紫外線が肌に当たらないようにすることだけでなく、表情筋を強化することも大事です。あいうえおの5文字を、一音一音区切るようにして、はっきりと発音します。声を出したら5秒、筋肉の伸縮をそのままにすることで、刺激になります。顔の筋肉が、よく動かすように意識してエクササイズをしていきましょう。目安は、1日に5回〜10回行うことです。顔面のエクササイズをすることにより、表情筋が動かしやすくなって、表情が生き生きと変化するようになり、見た目の魅力を高めることができます。顔をエクササイズでよく動かすことで、線維芽細胞の機能がより活発になり、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの成分を皮膚の深層でつくりやすくなります。紫外線対策や表情筋のトレーニングといった肌に直接働きかける対策のほかにも、体の内側から効果を発揮する方法もあります。栄養の偏りがない食事をすること、規則正しく、適切な量を食べることも、お肌のためです。毎日の食事をふりかえってみて、栄養バランスがとれていない時はまず食事を見直し、改善しきれない部分はサプリメントで補うようにするといいでしょう。ハイジニーナ脱毛サロン 池袋東口店


   





新着トラックバック/コメント


カレンダ
2016年4月
         

アーカイブ
2012年 (6)
7月 (2)
9月 (1)
12月 (3)
2013年 (3)
1月 (2)
10月 (1)
2014年 (2)
11月 (2)
2016年 (1)
4月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:4
累計:10,415